目指した理由が重要となる

また30代40代であれば、それなりに相手を納得させられる「看護師を目指す理由」が必要となると思います。

若い時分であれば「憧れ」を熱意として押すことも出来るでしょう。

しかし経年していれば、それでは「甘い」と判断されてもおかしくありません。

目指す理由に「熱意」は最重要ポイントではありますが、自分をちゃんとマネージメントする能力が30代40代であれば備わっていて当たり前です。

いくら看護師不足と言っても、ポンコツを看護師として世に送り出すことは、職業の良心として許せるものではないでしょう。

まして「あの学校から来た子は質が悪い」などと言われたら、たまったもんじゃありません。

若い時には許された言動でも、経年していれば受け入れられないこともあります。

これは看護師に限ったことではありませんよね。

准看護師から看護師を目指そうというならば、尚更心構えや心意気、信念などをちゃんと相手に伝えることができる人物でなくてはならないのです。

年齢によるデメリットがあるのは、抗い様がない事実です。

しかし「だからこそ私は看護師を目指している」という確固たる理由付けが出来れば、それは有利な材料となるのです。

またその理由が、人のお役に立つ面においても、相手が「有効だ」と感じ取ってくれるものとなるでしょう。

准看護師になるための年齢的なデメリット

若い時から看護師をしている人でも、40代に入ると「夜勤がきつくなる」などの問題が出てくるようです。

20代30代のころには負担なくこなしていたことが、40代過ぎると途端に辛く感じます。

・ 年齢から来る体力の衰え。

・ 准看護師になるために学校に通うことと仕事の両立、くわえて家庭という不規則生活を強いられる。

・ 学校や職場で年下から指導を受ける。

・ 一時的に(3年なら3年)に給与の手取りは普通の世間一般よりも減る。

これらは40代で准看護師を目指すときに、特に感じることでしょう。

このデメリットは自分だけではなく、雇い入れる側のデメリットともなるのです。

ましてや「看護助手として資格取得の支援を受けながら」ということであれば、病院側に対しても納得出来る「この職業を目指す理由」が必要ですし、入学を希望する准看護師養成学校の面接でも必要なものです。