いざ看護助手として入職するときに

看護師資格取得支援を行っている病院があったとしても、選んでくれなければ意味がありません。

若い子と40代、スペックの競争になれば将来がある若い子を採用したいと相手が感じたとしても、当然といえば当然。

それでもなおかつ選んでもらうためには、自分自身の打ち出し方と相手にとってトクである人材だというアピールが必要だと思います。

この看護師資格取得支援付きで看護助手を受け入れている病院は、自分の病院にとって得になる人材の確保と育成の面からの投資です。

その投資を最大限に活かしたいと思っています。

その「最大限に活かせる人材である」というアピールがポイントになると思います。

「准看護師で満足することなく、看護師になることまで頑張って、末永くこの病院に貢献できる人材となります」ということです。

これを自分の言葉で表現し、相手に伝えなければなりません。

年齢のデメリットはメリットに

年齢が高いということは、就職にはおおよそデメリットです。

まして経験者ではないということは、何の世界でもデメリットにしかならない年令になっていることでしょう。

しかし看護の仕事は看護経験もさることながら、対面する相手が人間であるということです。

そこには地位も名誉も貧富の差もなく「病に苦しむ人」だったりするわけです。

40代であれば確実に20年ソコソコ、またはそれ以上の社会経験があります。

そこを自分がど言う思えるかだと思います。

あまり自惚れるわけにも行きませんが、卑下するものでもありません。

看護師経験が少なくとも、人間としての経験値は活かせるのではないでしょうか。

また世間を観てきた結果、看護の世界を目指すわけです。

また「奉仕の心」も確立しているからこそ、看護の世界を目指すのですから「思い違い」が極力少ない年齢でもあるのです。

「考えたことと違う」「自分の目指すものではなかった」という思い違いがないということです。

反対に言えば、志望動機が漠然としたものではいけないという部分に結びつきます。

「憧れて」ではいけないのです。

もちろん熱意も必要ですが、理論立てて相手に伝えることが出来て当然の年齢でもあります。

あといって理屈ばかりで頭でっかちになっている人が40代には多いのは言わずと知られたこと。

相手にそのように受け止められるようであれば、これもまた40年も生きてきた割に大したことない人間ということになってしまいます。

「兼ね合い」を知っているというのも、40代に強みとなるように、セルフマネジメントしなければなりません。

コミュニケーション能力にも相通じる部分ですよね。