准看護師とは

そもそも准看護師の制度の導入には、戦後の看護師不足の解消がありました。

戦後に看護師は不足し、その問題の解消はとても重大な課題となっていたのです。

その時に准看護師の資格を暫定的に作り、いち早く医療の現場に送り出せる人材を確保しました。

ですから看護学校の教育課程で得られる知識と、准看護師学校でのレベルの違いは歴然としています。

しかし早くから自立を余儀なくされていた中学卒業の女の子たちが、手に職を持って生きていくということでは、この制度は広く活用されました。

病院も看護師の育成や人材の確保のために、御礼奉公を条件に、看護助手を受け入れ学校に通わせるなどの支援を行って来たのです。

向上心があれば正看護師を目指していました。

このような形で医療の現場からも、また資格を目指す側からも支持されてきた制度ではあるのです。

准看護師の制度は無用なものなのか

いくら医療が高度になったとはいえ、実際クリニックなどは准看護師の資格者で充分事足ります。

また医師の目が届くということもあり、そこまでの判断力を必要とされない現場ですよね。

それよりも患者さんに対するケア、その現場に合った声掛けなどの方が必要です。

介護の現場や町のクリニックなどに通う患者さんにとっては、准看護師さん正看護師さんに限らずお頼りすることと思います。

全てが「高度」を求めているわけではありません。

看護の本質ってなんなのかしらと考えたときに、高度が至上と考えるのはちょっと傲慢かなと。

たしかに正看護師であれば、准看護師の仕事はできます。

准看護師は正看護師の仕事で、出来ないものがあります。

正看護師がいれば事足りることという事も言えましょう。

しかし年齢がある程度になってから、看護師を目指す人も増えています。

離婚を契機に「自分だけでも子どもを育てる経済力が欲しい」と一念発起する人も多いようです。

またヘルパーなどで働いているうちに、「ヘルパーができることの限界」を感じて、看護師になりたいと願う人も増えています。

その時に看護学校に通ってということは、経済的に無理なこともあります。

准看護師の制度は、そのように看護師を目指す人にとって希望が持てる制度だと思います。

准看護師にとどまるか、看護師を目指す向上心があるかは、個人の問題です。