看護師になるには

看護師になるには、看護師の資格を修得しなければなりません、

看護師資格を取得する場合は「看護大学」「看護短大」「看護専門学校」に進学する方法が多く選択されています。

卒業後、国家試験の受験資格が得られます。

もし経済的に苦しいという場合には「学習支援奨学金」「都道府県奨学金」を受けることができます。

月10万円程度となりますの、学費だけは奨学金で賄えそうです。

生活費までカバーすることができませんし、教科書、参考書その他に掛かってくるお金も結構な金額です。

そのような面から近頃では医療の現場で働きながら、資格を取得する方法が取られることも多くなりました。

看護助手として病院の仕事に従事しながら、まず准看護師を目指すという道程です。

以前は看護師といえば住み込みで看護助手をしながら准看護師の資格を取得するのは、ごくポピュラーなことでした。

准看護学校夜間の准看護学校に通う、または全日制の准看護学校に通い、空いた時間で助手の仕事に従事するのです。

その学費は所属している病院が出してくれますし、お給料も少ないもののちゃんと出ます。

准看護師となった後は、病院ごとに期間は違いますが、御礼奉公の期間があります。

2年から4年がよく見られる期間ではないでしょうか。

准看護師は廃止に?

大きな病院ももちろんですが、小さな病院もこのように看護助手を受け入れていました。

准看護師や看護師の確保にとても役だっていたでしょうし、経済的に恵まれない人でも「志」があれば目指せるようになっていました。

しかし准看護師は今や廃止の方向に動いていています。

准看護師から看護師を目指すのはちょっと遠回りになることから、直接看護師になる人が増えているということもあります。

また高度な医療に対応する看護師ということになると、准看護師の知識レベルではついていけないというのが、廃止の理由となっているようです。

「今の医療についていけるだけの知識レベルと基礎教育が成されていない准看護師の存在は、実際現場では迷惑で役に立たない」という手厳しい現場看護師の意見も聞かれます。

ごもっともな意見だとは思いますが、あまりに穿った見方だとも思いますし、奢っているなとも思います。

医療の最先端ばかりが、看護の人材を求めているわけではありません。

また向上心をもって看護師を目指す准看護師も存在しています。

経済的な問題をクリアしながら、頑張っていらっしゃいます。